-今本聖明法務事務所のお仕事の断片的な情報-
薬事法務,入管法務,行政許認可,契約,相続...
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
同時死亡の推定
東日本大震災で被災された方にお見舞い申し上げます。

この震災で、親族を同時に亡くされた方も多数いらっしゃることと思います。

現在も行方不明で帰りを待たれている方もいるかもしれません。

そのような中、今日は【同時死亡の推定】を少しお話します。

誰かがなくなるとそこには法律上「相続」が発生します。通常は、人が同時に亡くなることはそれほど多くないので、一般的な相続の考え方で良いのですが、同時に亡くなられた場合は少し異なります。

根拠は民法第32条の2の「同時死亡の推定」です。

同時死亡の推定を受けると、同時に死亡した親子の間では相続が行われません。ただし、代襲相続は認められます。

例えば、あなたのお父さんとおじいさんが同時死亡の推定を受けた場合で、おじいさんの財産についてはお父さんは相続人となりません。同様の考え方で、お父さんの財産についておじいさんは相続人になりません。ただし、代襲相続は認められますので、あなたはおじいさんの財産を相続します。そして、お父さんの財産も相続します。

考え方は以上のとおりです。

・・・この先のお話はまたいつかどこかで。


著者: 今本聖明
相続・遺言 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>