-今本聖明法務事務所のお仕事の断片的な情報-
薬事法務,入管法務,行政許認可,契約,相続...
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
一戸建てとマンションはどちらがお得!?
正直,各々のライフスタイルから決定すれば良いのだけれど,いざ購入するとなると色々考えますもんね。

お得と言っても,駅近のマンションもあれば,駅から離れた一戸建てもあります。また,最近のマンションは色々なサービスやオプションもついていたりして,心魅かれるかもしれません。

あくまで資産として損をしたくないという方は,駅近の一戸建てかマンションを選ぶべきでしょう。

その理由?簡単。

この先,日本の人口は減少傾向にあるからです。さらに,物件を購入する世代がどんどん減少します。

そうなると,土地余りの現象が生じます。土地が余ると,駅から離れた不便な物件の人気がなくなります。

すると,駅から離れた物件の人気は下降一方。下降一方ということは,価格を下げなくては売れなくなる。つまり,資産価値がどんどん低下します。

だから,これから一戸建て又はマンションを購入する場合は,資産価値を保持するという意味で,駅近の物件を選択する方が良いといことになります。

こんなこと,誰もあまり教えてくれないですよね。

不動産業者は,安い物件を高くで売りたいわけ。この方たちはプロです。

では,購入者は?多くが素人でしょ。

だから,資産価値に重きを置く場合は,“〜ヒルズ”や“〜ガーデン”という街並みが区画された,素人がいかにもほし
くなる物件に,すぐに飛びついたらいけないわけ。

まず,ここまでで,駅近物件を選ぶ方が良いという意味は理解できたでしょうか?


次に,今回のテーマの一戸建てとマンションの比較。

そもそもマンションは,都心の土地不足を解消するための,国と業者の苦肉の策の結果。

土地が不足していなければマンションなんてそもそもいらないわけ。

常時,土地が余っている地方の都市を見てご覧。マンションなんて駅近以外ほとんど建っていません。

つまり,土地が余れば,マンションなんてそもそもの需要が疑わしいわけ。ただ,駅近のマンションは,この先の人口減少を加味しても,需給関係を保つ可能性はあるとは思います。

マンションの資産価値を将来的にも維持するためには,そのマンションの特性が重要になると思います。

例えば,住んでいる住人の質の問題。質っていうのは,俗っぽい言い方をすると各々のレベルのことで,住人の社会的地位や倫理観まで及びます。倫理観を具体的に言うと,管理費等の滞納状況や,クレーマーの有無なども含みます。

マンションの場合は,一戸建てと異なって,色々な決定をマンション管理組合の集会等で決定していきます。

例えば,自分のマンションの玄関扉(表面)を勝手に変更できません。なぜなら,共用部分だから。知ってました?

バルコニーの使用方法や変更についても一定の制限がかかります。マンションのバルコニー,自分のものになるって
思っていませんか?バルコニーは,専用使用部分と言って,正確には自分のものじゃないんですよ。

マンションの使用方法もそう。通常は,住居使用しか認められていないことが多い。そのような場合は,たとえ自分のものだと言っても,会社の営業所としての使用は認められない。

他にも,想定されるネガティブな要素はたくさんあります。

100世帯のマンションであれば,そのうちの何世帯かが管理等を滞納します。じゃ,この管理費の滞納分誰が払うですか?

ペット飼育等をめぐるトラブルもそう。そもそも,ペットを飼育するかもマンション管理組合の集会で決定します。だから,途中でペットを飼育できなくなるリスクもあります。

つまり,マンションは自分のものであって,自分のものでない要素を多分に含むわけです。マンションは共同住宅
なんで,こんなこと当たり前と言えば当たり前なんだけど,分かっていない人が多いからトラブルになる。

自分が分かっていても,お隣の方は分かっていないかもしれません。

マンションを購入することを検討する方は,この辺りのことは心づもりしておくべきでしょうね。

素人の方が全部を正確に理解することは難しいと思うけれど,その根拠となる法律は,民法,区分所有法,マンション建替え円滑化法,標準管理規約等にあります。

一方,マンションには,一戸建てにはないものがあります。

例えば,眺望,コンシェルジュサービス,ワンフロアの広さ,等々。コンシェルジュサービスやワンフロアであることは,高齢の方にとっては好ましいものでしょう。予算には限りがあると思うので,これらは一戸建てにはあまり望めません。

一戸建てには望めない事柄に重きを置くのであれば,マンションという選択もありだと思います。

一戸建ての考え方はとてもシンプル。要は自分のものです。排他的で強力な所有権なので,その変更や処分についての決定と責任は所有者にあります。

さて,駅近のマンションと駅近の一戸建ての資産価値だけれど,需給の問題。やはりこれ以上これ以下でもないですが,これじゃ説得力ないので一つ例を。

例えば,地震が発生して,マンションと一戸建てが倒壊したとしましょう。残るのは土地ですよね。

この時,一戸建ての場合,残った土地の処分決定は所有者に全てありますが,マンションの場合はいきなり自由に処分できるわけではありません。

新たにマンションを建築する場合には,再建集会を開いて決定していきます。したがって,自分の意思が必ずしも反映されないかもしれません。

再建を反対した場合で,集会で再建が決定すると,その自分の底地を処分しないといけないわけですが,処分決定の過程におけるイニシアチブは必ずしも所有者にあるわけではありません。

そもそも,自分の底地持分は皆さんが思っているほどたくさんあるわけではありません。大きな敷地でも,その上に建つマンションの戸数を考えれば,自分の割り当て分が少ないことをイメージできると思います。

マンションは,土地を効率的に使用することを目的とした建物なので,土地に関しては一戸建てほど期待できないので実情です。

少々,マンションに関して否定的な意見となりましたが,資産価値ばかりに固執せずに,自身と家族が楽しく生活できること環境を形成できる物件選択をすることが何より大切であることを忘れてはいけません。


著者: 今本聖明



宅地建物取引 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>