-今本聖明法務事務所のお仕事の断片的な情報-
薬事法務,入管法務,行政許認可,契約,相続...
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
健康食品の原料を販売する際の広告表現で重要になる通知
ヒントは薬事法等の法令にあることはもちろん、厚生労働省の通知にもあるのだけれど、新しい気付きとして、平成10年9月29日医薬監第148号厚生省医薬安全局監視指導課長通知の「医薬品等の広告三原則」の考え方が重要であることが分かったので、ここに記録として残します。

詳細な説明は、いつか時間のある時に記してみたいと思います。



≪平成10年9月29日医薬監第148号厚生省医薬安全局監視指導課長通知≫

医薬品等の広告に係る監視指導については、薬事法第66条から第68条までの規定に基づき実施しているところであるが、近年、新聞、雑誌、テレビ等の従来の広告媒体に加えインターネットが普及しつつあり、情報伝達経路の多様化、国際化が進捗している。また、医薬品等がいわゆる「個人輸入」により国内に輸入され、その輸入手続きに介在する輸入代行業者の広告の中にも医薬品等について取り扱われている状況が散見される。

薬事法における医薬品等の広告の該当性については、かねてより、下記のいずれの要件も満たす場合、これを広告に該当するものと判断しているので、ご了知の上、今後とも薬事法に基づく広告の監視指導について、よろしくご配慮を煩わせたい。



1.顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昂進させる)意図が明確であること
2.特定医薬品等の商品名が明らかにされていること
3.一般人が認知できる状態であること


著者: 今本聖明
薬事法と健康食品事業 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>