-今本聖明法務事務所のお仕事の断片的な情報-
薬事法務,入管法務,行政許認可,契約,相続...
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
生命保険の受取金は相続財産に算入する?
あなたが、亡くなったお父さんの生命保険の受取人になっているとき、その生命保険金を他の相続財産に含めるか否かのお話です。

なぜ?こんなお話をするかというと、生命保険金がお父さんの相続財産に該当するのであれば、その生命保険金はあなた以外の相続人にも分ける必要が出てくるからです。

結論から申し上げると、お父さんが生命保険の被保険者であなたが受取人になっているケースでは、その受け取り予定の生命保険金は相続財産に含めることができない可能性が高いと言えます。ただし、生命保険金を相続財産に含めないと一律に言えるものではなく、特段の事情の有無等を総合的に判断して、その上で相続財産に含めるか否かを決定することになるのですが、この特段の事情の内容が問題になります。この特段の事情で争うと協議では決着がつきませんので、実際に生命保険金を相続財産に含めないとした判例と比較しながら、各相続人がその判例を理解しようと努め、決定することが妥当と言えるでしょう。

生命保険金を相続財産に含めるか否かについては、亡くなったお父さんがその保険料を支払っていた場合に問題となることであり、あなたが保険料を支払っていた場合は、あなた以外の相続人が生命保険金を相続財産に含めることを主張することはあまりないでしょう。

なお、上記はあなたが保険金の受取人になっているケースであり、保険金の受取人がお父さん自身になっているケースでは、相続財産に含めますのでご注意ください。

・・・この先のお話はまたいつかどこかで。


著者: 今本聖明
相続・遺言 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>