-今本聖明法務事務所のお仕事の断片的な情報-
薬事法務,入管法務,行政許認可,契約,相続...
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
亡くなったお父さんの面倒を看てきたんだけど・・・
あなたが、お父さんのご健在中に、お父さんの面倒を看られていたのであれば、その分をあなたの法定相続分にプラスして、相続財産を分配することができるかもしれません。このことを法律では「寄与分」と言います。「あなたが生前中にお父さんに寄与した分」という意味です。

お父さんの面倒を看るとはどういうことなのかについては民法第904条の2に規定されています。

お父さんの身体が悪いため無償でお仕事をお手伝いしたり、お父さんの病気の看病をしたり、又はお父さんにお金を援助したりすることが、【寄与分】として定義されています。あなたがお父さんの面倒をみられたという行為がこの【寄与】として認められるかについては、あなたが抱える具体的な内容を判例というルールに照らし合わせて判断していくことになりますが、定期的ではあるが単に一緒に食事したとだけの行為は寄与したとは認められにくいかもしれません。

なぜなら、寄与として認められるためには、亡くなったお父さんの財産の維持や増加について特別の寄与、つまり特別の貢献をしたことが必要であるからです。

例えば、お父さんの病気の看病について、本来は看護・介護する方に有償で来てもらうこともできたはずなんだけど、その代わりにあなたが同等の看護・介護をしていた場合や、掃除・洗濯等の家事を定期的に手伝ったとかです。

この寄与した分はどのようにして決定するかですが、共同相続人全員の話し合いで最終的には決定します。したがって、あなたはその寄与について法外な算定をしてはいけませんし、その他の相続人もその寄与した分についてあまり過小評価してもいけません。

話し合いで寄与分が決定すれば、その寄与分の上乗せ方法ですが、その計算方法は次のとおりです。

【全相続財産】−【寄与分】=【残りの相続財産】

具体的には、相続人が、お母さん、あなたを含めて子供が3人のケースで、全相続財産が3,500万円、寄与分が500万円と決定した場合、お母さんは1,500万円、あなたは1,000万円、他の子供は各々500万円ずつの法定相続分となります。

当然、3,500万円からあなたの寄与分500万円を引いた残りの相続財産3,000万円を遺産分割協議しても構いません。

もし話し合いでまとまらなければ、あなたは家庭裁判所に寄与分の決定を求めることもできます。

法律というルールでは以上のとおりですが、実際は寄与分があってもその分をあえて口に出さない方が多いことも事実です。家族で今後も仲良くやっていきたいという思いや、家族の良好な関係とい無形の財産を壊してまで寄与分という財産を得たくないとい思いがあるのでしょう。他の相続人の方は、お父さんの生前中に一所懸命に尽くした方のことも考えて、寄与した方へ心遣いをすることも大切です。

法律というルールはありますが、それに執着しすぎると失うものもあります。年齢を重ねると、家族との良好な関係がお金と同じくらい大切に思う時期がきっとあると思います。今は気付かなくても。

・・・この先のお話はまたいつかどこかで。


著者: 今本聖明
相続・遺言 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>