-今本聖明法務事務所のお仕事の断片的な情報-
薬事法務,入管法務,行政許認可,契約,相続...
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
気になる?相続財産の分配
あなたのお父さん、お母さんもいつかは亡くなります。少し、いきなり暗い出だしになってしまいました。

今日は相続のお話です。誰かが亡くなると【相続】が発生します。あなたの大切な人もいつかは亡くなります。亡くなった後に、相続人が争うことほどバカらしく、親不孝なことはないと感じます。ご両親泣きますよ・・・。

ではなぜ相続でもめるのか?考えてみました。

一つ目は、ご両親に対する貢献度合いを独りよがりにお金に換算するからです。

多いのが「老後の面倒をみた」です。大丈夫。「寄与分」という相続のルールがあります。でもね、勝手に査定してはだめですよ。ルールに従って査定しましょう。あなたのご両親に貢献したのはあなただけではないこと忘れていませんか?勝手な思い込みはやめましょう。

ご両親の老後の面倒を任せっきりにしたあなた、あなたに事情があれど、他の人に任せっきりにしたんでしょ?であれば、ご両親を面倒をみられた方には経済的な負担、時間的な負担、労力などをなぜ理解できないのでしょうか?面倒みるってことは結構大変なんですよ。大変と感じないなら、あなた自身の事情をクリアして、あなたが面倒みてあげればよかったじゃないですか。ルールに沿って他の人があなたより相続分を多くもらうことに何の問題があるのでしょうか?

二つ目は、外野の意見。相続人でないあなたの奥さんや子供。

これもよくあることなのですが、自分のご両親の面倒を奥さんにまかせっきりのケース。奥さんはあなたのご両親とはもともと他人なので、やはり、あなたのご両親に対する貢献度合いをお金に換算したがる傾向にあります。気持ちは正直分からないでもないです。

でもね、奥さん、旦那さんの相続をあてにして義理のご両親の面倒みるのがそもそもの間違い。奥さんが義理のご両親を面倒みられたという貢献を評価は、相続をあてにせずに、あなたの旦那さんに任せましょうよ。相続人は奥さんあなたじゃないのですよ。あなたの旦那さんが決めることです。あなたが口を出すことで、他の相続人がとても迷惑しています。せっかく仲が良かったのに、あなたのおかげで仲が悪くなります。仲を悪くするほどのお金でしょうか?

三つ目は、ご両親自身が相続人のことを過大評価していること。

「うちの子は相続でもめることはない」って思っているのは、あなただけかもしれません。あなたが亡くなると、お金の問題だけではなく、残されたご家族の精神的なバランス、家族関係のバランス、その他諸々のバランスが崩れることがあります。あなた自身の人格を頼りにしていた方もいるでしょう。あなたの仕事上での役割を頼りにしていた方もいるでしょう。あなたのやさしい気持ちを頼りにしていた方もいるでしょう。あなたがいなくなると、残された人は頼りにできる人を一人失います。残された人のうちの誰かは、あなたが全てだったかもしれません。あなたが一人いなくなると家族のバランスが崩れそうになります。それほど重要な存在であるということの証です。あなたは自身の存在を過小評価し過ぎです。年を重ねると身体も気も弱くなって、自分の存在を小さく感じるかもしれませんが、それは年のせいです。自分では正確な判断ができていないのです。それに反動して、相続人のことを過大評価し過ぎています。

あなたがいなくなった後も、残された人が仲良く暮らせるようになぜ考えないのですか?

あなたの財産です。それをどのように分配しようとあなたの自由です。誰か一人に財産をあげれば他の誰かはあなたのことを恨むかもしれません。であるなら、みんなが喜んでくれるような財産の分配をすればいいじゃないですか。よく考えて。あなたの決めた財産の分配には法律というルール上も誰も逆らえません。一部の相続人の意思に反した分配でも相続人は納得せざるをえないのです。でも、あなたが決めることによって、残された人同士の争いが回避できるかもしれません。


・・・この先のお話はまたいつかどこかで。


著者: 今本聖明
相続・遺言 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>